高血圧の実態が3分でわかる最新情報サイト

高血圧症は水分の補給が重要

水分補給でスムーズな血液循環

スポンサードリンク

人間の体の約60%は水分によるもので、血液もまた約50%が水分からなります。

水分補給と血圧には密接な関係があり、1日に必要最低量の水分を摂取していない人は高血圧症になるリスクが高まります。

これは体内の水分量が不足すると血液中の水分も不足するからです。

放っておくと血液はドロドロの濃縮状態となり血液循環不全を起こす危険性があります。

とくに高血圧症の人は血栓ができやすくなるので注意しなくてはいけません。

 こまめな水分補給で血液濃縮を予防

水分不足による血液の濃縮状態を予防するには、1日に適した水分を補給することです。

成人が1日に必要とする水分量は2L~2.5Lです。

水分不足、高血圧

この内、食事等で補給できる水分は約1.2Lなので、飲料水として800ml~1300mlの水分補給が最低必要となります。

高血圧症の方で、水分の摂取量がこれに満たない人は気をつけてください。

またいっぺんに水分を補給しても尿や汗として排出されてしまいます。

コップ1杯分の水分をこまめにを補給することで、血液がサラサラとなり高血圧予防へと繋がるのです。

ウーロン茶や緑茶は高血圧症予防に適していますが、逆にソフトドリンクなど糖分を含んだ飲料は控えた方がよいでしょう。

スポンサードリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional